会社設立のメリット・デメリット

         
メリット デメリット
  • 社会的信頼が大きくなる
    (会社でないと取引しないところもある)
  • 経費として認められる範囲が広い
    (役員の退職金など)
  • 青色欠損金を7年間繰越できる
    (個人事業は3年間)
  • 倒産したときの責任
    (出資金以上の責任は追及されない。但し、合名・合資会社は除く)
  • 個人事業の青色申告控除より給与所得控除のほうが有利
  • 会社設立に費用と手間がかかる
  • 会社を維持していくのに手間がかかる
  • 地方税が年間最低7万円かかる
  • 交際費の経費参入に限度額がある
    (資本金1億円超の場合は認められず、資本金1億円以下の場合は、年600万を限度額として、そのうちの9割が認められる)
  • 会社の種類

    会社の種類は、大きく分けて4種類あります。

             
      株式会社 合同会社 合名会社 合資会社
    概要 多くの出資者から資本を調達し、大規模な企業経営をすることを本来の趣旨としている。 有限責任社員のみで構成する。
    利益配分や会社の意思決定を柔軟に設計できる。
    無限責任を負う社員のみで作れる。
    人的つながりを重視する。
    人的つながりを持つ無限責任社員に出資者としてだけの立場の有限責任社員が参加する形で設立される。
    最低資本金 (平成18年5月より)
    1円
    1円 なし なし
    出資者の数 1名~ 1名~ 2名~ 無限社員、有限社員 各1名
    出資者の責任 有限責任 有限責任 無限責任 無限責任
    又は
    有限責任
    役員の任期 原則2年
    (株式譲渡制限会社は)
    無期限 無期限 無期限
    最高意思決定機関 株主総会 社員全員の同意 社員全員の同意 社員全員の同意
    定款認証費用 約52,000円 通常不要 通常不要 通常不要
    定款に貼る印紙代 4万円
    電子定款なら不要
    4万円
    電子定款なら不要
    4万円
    電子定款なら不要
    4万円
    電子定款なら不要
    登録免許税 最低15万円 最低6万円 6万円 6万円